Just another WordPress site

借金でのってしまったブラックリストの時効はいつ?

みなさんはブラックリストというものを聞いたことがありますか?
通称ブラックと呼ばれ、借金にかかわるものです。
これは借金の延滞(二か月以上の延滞)・代位弁済(借りた人ではなく、保証会社が借金を返すこと)・
任意整理または自己破産・強制解約などを行った場合に、ブラックリストにのることになっています。

このブラックリストにのってしまうとクレジットカードが使えなかったり、キャッシングの利用もできず、
あらゆるローンが組めなくなってしまうのです。
もちろんこれは一生ではなく、ブラックリストにも時効が存在します。
借金の延滞でのった場合・代位弁済でのった場合・任意整理でのった場合は五年。
自己破産した場合は十年です。
一生と考えると短いですが、この期間は車も買えませんしお金を借りることは
できません。源泉徴収票 なし 借り入れも大切ですよね。
しかし一度借りたお金を踏み倒してしまうのですから、これくらいは我慢しなければなりませんね。

このブラックリストにのったとしても、本人に通達がくるわけではありません。
じゃあどうやってそれを確認するのかというと、信用情報機関に問い合わせるのです。
日本情報信用機構(JICC)とネットで検索すると出てきます。
上記のように「借金を二か月以上延滞したことがある」「任意整理を行った」と言う人は
一度調べてから電話してみましょう。